2006年01月13日

郷土の料理〜お雑煮♪編

お正月の定番、『お雑煮』は、地域や家庭によってレシピはさまざま。
あなたのおうちではどんなお雑煮ですか?(どうぞこちらにお寄せくださいね♪)

●福岡県出身のお雑煮 (ぴのこ)
zoni-2.jpg
〔汁〕かつお&昆布のダシに塩味
〔具〕焼いた角餅、ぶり、干ししいたけ、かまぼこ、三つ葉、ゆず

●愛知県と三重県ミックス版お雑煮 (miwaさん)
私の父は三重県出身。母は愛知県出身なので、実家の雑煮は愛知県と三重県のミックス雑煮です。
〔汁〕かつおだしでとったしょうゆ仕立て
〔具〕焼いた四角もち、かまぼこ、豆腐、もちな(小松菜に似ている)

ちなみに、伝統的な≪名古屋のお雑煮≫は、
かつおだしのしょうゆ仕立てのお汁の中に、もち(焼かずに入れる)ともちな(そのまま入れる)を煮込む「煮込み雑煮」だと聞いています。
…「どろどろ感」がたまらない! らしいです。多分、他の地域の人には食べられないと思いますが。

≪三重県伊賀市の雑煮≫(父の実家)は、
かつおだしのしょうゆ仕立ての中に、焼いた丸もちを入れ、具は豆腐と里芋です。
…白ばっかなので彩りはよくないです。


●会津若松(山形県)から北海道に渡ったお雑煮 (ぴのこ)
zoni-1.jpg
〔汁〕いりこ(煮干)&昆布のだし汁に、しょうゆ、みりん
〔具〕焼いた角餅、大根・人参・牛蒡の千切り、ほうれん草、三つ葉、豆腐、高野豆腐、かまぼこ(なると)


●栃木のお雑煮 (かずよさん)
両親共に栃木の我が家の雑煮です。
〔汁〕だし汁にしょうゆ酒みりんは入っているが少ない。汁色は無色透明
〔具〕四角もち、鳥肉(一口大)、大根人参(共に長方形。薄い)、しいたけ(薄い)。色どりにみつば


●那須塩原(栃木県)のお雑煮 (Hさん)
〔汁〕とりのだし汁に、しょうゆ味。
〔具〕角餅、大根、人参、三つ葉
お正月といえば、沢ガニの天ぷらとドジョウ汁(指サイズのちっこいやつ)をよく振る舞われ、食べたことなかったので、たまげました…


●別府(大分県)のお雑煮 (Hさん)
〔汁〕かつおのだし汁に、しょうゆ味
〔具〕丸餅、白菜と大根、人参 


●東京のお雑煮 (みこさん) 
〔汁〕トリガラスープ(トリそっぷ+雑煮用鶏肉入り)のおすまし。
〔具〕焼餅(四角)の上に、鶏肉、たけのこ、しいたけ(煮物の千切り)、にんじん(梅型抜き)、ほうれん草、ゆず(千切り)、中央にいくらを乗せます。
※具の入ったお椀にアツアツのスープをかけて出来上がり。
 いくらの塩味がでるので、スープは薄めにさっぱりとつくります。

●東京のお雑煮 (Sさん) 
〔汁〕しょうゆ
〔具〕餅、にんじん、大根、しいたけ、三つ葉


●大阪出身のお雑煮 (Sさん)
〔汁〕しょうゆの薄いのに塩味
〔具〕餅、かまぼこ、三つ葉


●松本(長野県)のお雑煮 (はっぱ)
〔汁〕かつお、昆布のだし汁に、しょうゆ味
〔具〕焼いた角餅、ブリ、大根・人参の短冊切り、ほうれん草
※ブリは年取り魚でもあり、欠かせないものなんです。この時期は超〜値が張りますが!


●水沢(岩手県)のお雑煮 (はっぱ)
zoni-3.jpg
〔汁〕かつお、昆布のだし汁に、しょうゆ味
〔具〕焼いた角餅、大根・人参・ごぼうの細切り、いくら、芹
※いくら好きのワタシは、ザラザラとかける感覚がたまらない〜♪ちなみに、このいくらは夫の母お手製のしょうゆ漬けいくら(岩手では『はらこ』といいます)。プチプチ感がすごいです♪



posted by てとね編集局 at 15:57| 東京 ☁| Comment(0) | たべる〜家庭の味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。