2005年06月28日

新防犯システム『まもるっち』

6/27から試験的に3つの小学校に配布された『まもるっち』。
実は、今日(6/28)、道端で『まもるっち』に電話が掛かってきて「どうしよう!わからない!」と困っている黄色い帽子の1年生に遭遇。
声を掛けて、「多分ね、おうちから電話かな?」とボタンを押してあげたら
「あっお母さん!」  ……いきなり来たからビックリしたんだよね(笑)

PHS機能が有る分、今までの防犯ブザーよりは重たいかな。
首から下げて自転車に乗っている子を早速何人も見かけたけど、
紐が短めで幼稚園がけもしづらい様で、ハンドルにガンガン当たってた(笑)
壊れない&どこかにひっかけないといいけどなあ…。

それと同時に、この3校の家庭には「地域協力員」に極力なって貰うように
お願いが有ったようですね。(お試しのメールが届いたと)
新聞&ニュースの報道では、2,000人の協力者が集まったそうですね。
・・・で、その方たちには、蛍光グリーンの帽子(キャップタイプ)が配られて
   いざと言うときはそれを被っていくと。
    (かなり派手なもので、手にしたママはチョットばかし「え〜」って
     思ったそうですが、出番が無いのが一番ですよね。
     しかし、外に出るときは携帯するほうがいいのかな…)


そして…学校で先生から使用説明が有ったそうですが、
「1回目は、先生も固くて抜けなかったんだよ!」だそうで、
特に力の弱い子などは、一度実地で抜いてみる必要性が有るような……

他でも「一度どんな感じで引くのか、音は?など、やってみないと不安だわ〜」との
ママの声も聞かれました。
ナゼなら、今までは試しにやってみることが可能だったけど、今度のは「本当に壊れて無くて鳴るのかどうか?」を試すことも、通報が行ってしまう為に出来ないのではと。

「朝の7時から夜の8時までが、協力員に連絡の行く時間だから、それ以外の時間に
試せないのかな?」って話も。

「しばらくは、今までの防犯ブザーと2つ付けるのが確実?」なんて声も……

知り合いの家では、“充電の日を決める”など、確実に利用できる様に決め毎をしたそうですが、そういえば、充電が切れてたら音も鳴らず通報もされないのかな?


posted by てとね編集局 at 23:41| 東京 ☁| Comment(10) | みんなぁ、どう思う? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「まもるっち」
わが子もお試し期間中です。
ネーミングは、第二たまごっちブームの今は、
ばっちり子供のつかみはOK!
親の方針で、たまごっちを買ってもらえないわが子には、うれしいようです。

学校からは、はっきり言って、使用方法については、説明不足ですが、
万事ととのって、どーぞ、というより、
どんどん話題にして、これを囲んで井戸端会議みたいなことがあちらこちらでおこなわれることが、大事なのではないでしょうか。

最初から、完璧をのぞむのであれば、
専門業者に委託するのがいいにきまっています。
そこを、「地域」の力で、やっていこうとするところに、「まもるっち」の存在意味があるのだと思います。

むずかしいことはさておき、「近隣システムの協力者になってください」と、近所のひとにたのまれたら、小学生ママでなくても、ぜひ、登録してください。ひとりでも、多くの協力者がいてくれることで、こどもたちは、「まもるっち」といっしょに、安心を身に着けることができるのですから。

Posted by ソフィー at 2005年06月30日 12:40
まもるっち。
うちはまだよく分かってません。すみません。

地域でやっていくことも大切だと重々わかってますが、きちんと専門業者にも頼む2本立てが大切なのでは?と思います。

先日の浜川の事件もあり、危機管理意識を区民全体が持つように、啓蒙運動とプロに頼むこと。

同時に進めないと、危ないですね。

私見ですが。

まずは自分でも確認、参加してみようかなと思っています。
Posted by さこ0822 at 2005年07月16日 09:53
区のHPで、近隣セキュリティシステムのアンケートをやっています。
とはいえ、協力者募集の広報なんですが、、、。
この際。区民の声をどしどし送っちゃいましょう(微笑)。

http://www2.city.shinagawa.tokyo.jp/anq-cgi/anq.cgi?anq_id=78
Posted by ゆきねぇ at 2005年07月19日 12:27
たとえば、掃除機のコードのような伸縮式の紐にして、引っ張るときと戻るときに発電をして緊急時の連絡用の電源にすれば常時充電しておく必要がないとか、特定のボタンを押しながら引けば家庭にだけ連絡が行き動作確認ができるとか、様々なことが考えられたのではないかと思うのですが、知ったのが遅すぎたかな。
Posted by たちより at 2005年09月20日 14:48
たちよりさん、こんにちは。
今朝のNHKニュースでも、改めて取り上げられていましたね。>まもるっち
芳水小の映像とともに、結構長い時間やっていました。K課長も登場!地域の力で子どもを守る。地元NPOが開発に参画。などなど、時代のキーワードを上手く取り入れてる、、、さすが品川区(爆)!
あとはその「地域力」の強化ですよね!
Posted by ゆきねぇ at 2005年09月20日 18:56
7月にあったPTA連合会の勉強会を聞かせていただいたのですが(参加は誰でも可だったので)
制作を担当された方たちもおられて、色々な要望になるべく添うように…とおっしゃられてました。
で、今使い始めたものを見せて貰ったけど、えーと、微妙には変わったのかな?
ボタンがちょっとぶつかっただけで通話状態になる…のは、少し深くするとのことでしたが、
私が見せて貰ったのはрフ契約をしてないものだっったのでわかりませんでした。
システムとしても、試用期間は「押したらすぐに協力者に連絡」だったものが、誤報の多さもあって「センターで確認してから協力者へ」となった様です。
説明してくださった中では、あの大きさの中に最大限の諸々が詰まっているとのことで、なかなかこれ以上は難しいようでした。
確か、現時点では試用していた3校に配布され段階を踏んで全小学校に配布がある様です。
何度も書くようですが、試行錯誤によってより良くなって行くように思うので、子ども達が安心して暮らせるようにつかえたらいいなと願います!
Posted by まお at 2005年09月20日 23:18
やっと家にも来ました。
大人にはさほど重たくもないですけど
子供たちはどうなんでしょうか?
でも、良い物を作ってくれて感謝しております。
Posted by そなうれ。/じん at 2005年12月18日 00:22
そなうれ。/じんさん、こんにちは。
すでに御存知かもしれませんがAERA 05.12.19号(森山開次さんが表紙のやつ)に「子どもを殺させるな」というちょっとショッキングなタイトルで、各地の取り組みが紹介されていて「まもるっち」も載ってます。

近所で、家の鍵と携帯とまもるっちを首から下げた小学生を見ました。まもるっちの電池切れに備えて、防犯ブザーを併せ持つ子もいるそうです。今の世の中、学校帰りに一遊び、、なんて出来ないのでしょうね、、。
Posted by ゆきねぇ at 2005年12月18日 00:42
「まもるっち」、ここのところ(2005.12)テレビも全局制覇の勢いで紹介されてますね〜!

重さは…多分重いですよね。
ワイヤーが切れるのを防ぐための改良で更に…

そして…通話の範囲が、12月から品川区内と近隣一部になってしまいました。
私などは ほぼ区内におりますが、他地域でのお仕事場のパパママとは繋がらないわけですね…
Posted by よしなか at 2005年12月18日 01:10
「まもるっち」、ここのところ(2005.12)テレビも全局制覇の勢いで紹介されてますね〜!
地域の皆さんの協力があってこそですから、駆けつけてくださる方たち増やす努力を続けないとですよね…確実に“連絡先に居て下さる方”でないと意味がないんですもんね…

重さは…多分重いです。
ワイヤーが切れるのを防ぐための改良で更に…

そして…通話の範囲が、12月から品川区内と近隣一部になってしまいました。
私などは ほぼ区内におりますが、他地域でのお仕事場のパパママとは繋がらないわけですね…

後ね、管轄の警察から、不審者やひったくり、オレオレ詐欺まで含めてですが、メルマガを送って貰えるシステムがあります。
荏原地区では、かなり知られてきてるかも。
FAXでも申し込めるそうです。
大井警察でもあります。大井は、申し込みに警察署に出向く必要があって、住所氏名電話番号などを登録します。
Posted by よしなか at 2005年12月18日 01:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。