2005年09月21日

いよいよ幼稚園選び

まちのあちこちで、「園児募集」のポスターを目にする頃となりましたね。
百聞は一見にしかず・・・先輩方の評判や、お友だちのうわさはさておき、
まずはお子さんといっしょに、いろんな幼稚園をたずねてみましょう。

九月中旬からは、オープンスクールデー(体験保育)を実施する園が多いようです。
普段の園児や先生方のようすや、園のなか、お庭、ホールなど見学させていただけたり、
お子さんも幼稚園体験をさせていただけるところもあります。
事前の予約が必要な場合もありますので、まずは、幼稚園に電話して聞いてみては。
この時期、バザーや運動会も行われる園も多いので、どんどん参加してみましょう。

娘が通った私立幼稚園の先生にうかがった、幼稚園見学のチェックポイントをいくつか。

@朝、元気に挨拶をかわしている
A子どもと保育者が目を輝かせて、一緒に遊んでいる
B木々の緑に囲まれている
C園庭が土である
D園庭、花壇の手入れが行き届いている
E園舎、トイレが清潔である
F保育者の数にゆとりがある
G保育者が研究熱心である
H園長先生がいつも幼稚園にいる
I障害のある幼児も積極的に受け入れている
J保護者の保育参加の機会が多い

私の意見、経験から少しアドバイスさせていただくと、やっぱり「人」につきますね。
小さい頃から慣れ親しんだお友達がいくからいっしょに、
という声もよくきかれます。
体験保育にいってみたら、子どもが喜んだから、子どもに選ばせた、
という声もきいたことがあります。
わが子が親子以外の初めての人間関係を経験していくところを選ぶのですから、
真剣ですよね。

オープンスクールデーなどで、保育の先生方や園長先生やスタッフのかたと、
お話する機会があったら、どんどんお話してみましょう。
お子さんの個人的な心配事でも、なんでもいいので、お話してみましょう。
そのなかで、「この先生なら、お話を聞いてくれる」「真剣に受け止めてくれる」
と安心感がもてる先生に出会えたら、子どももきっと安心して通えることができるのでは
ないでしょうか。
(平成17年9月21日 ソフィー記)


posted by てとね編集局 at 20:45| 東京 ☔| Comment(0) | 幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。